04.夕顔【源氏17歳】

04.あらすじ

 光君は六条御息所の元へ通う途中で、乳母が病に臥せっていることを思い出し、見舞いに訪れた。その乳母が住んでいた隣家に、夕顔がいたのである。
 二人は程なく契りあう仲となり、光君は二人だけの生活を夢見て、某の院へと夕顔を連れていく。だがその夜、女の物の怪に襲われ夕顔は死んでしまうのだった。
 夕顔は頭中将との間に作った、玉鬘という娘がいたのだが、光君はその子を見出せないまま夕顔との縁は切れてしまう。
 そして、光君の愛を受け入れないまま、空蝉は夫に伴われて伊予国へと旅立ったのだった。

MENU

源氏物語 第一部

Copyright © 2000-2005 CHIE's ROOM All Rights Reserved