2008年05月30日

知っていたけど再確認

 今年に入ってからというもの、なぜか手の怪我が耐えないCHIEです。何かとりついているのか?!
 そろそろ傷が治ってきたなぁ、あとちょっとだなぁ、と思いはじめるととたんに新しい傷を負うんですが、ここまでくると不注意だけで片付けられないような気がしてますよ。

 なんとなく、気分が高揚しないというか、あまりテンションがあがらなくて日記の更新が滞っておりましたが、久々にネタになりそうなものを見つけたので更新してみました。

女性は可愛いと思っても男性には受けないもの・・

 これを見ていて思ったのは、「あーやっぱり私は、オッサン思考なんだな」と。いや、それだけなんですけどね(笑)

2008年05月21日

これも一つの才能かな?

 昨日、京セラドームに野球@オリックスvs阪神戦を見に行ってまいりました。野球観戦は数年ぶりなので、ちょっとテンションあげつつ、阪神ファンの友達とワニャワニャ言いながら見ていたのですが、どうやら中継で私がテレビに映っていたそうです。そんなことってあるんですねぇ。

Image097.jpg

 で、6回まで阪神3-0オリックス、といった一方的な阪神押せ押せムードだったんで、私がボソっと

「ここらでオリックスが点数とって、1点差とかになったらゲームとして面白いのにね」

といったわけですよ。忘れもしない、7回表の風船飛んでった後の発言です。
 7回の裏でオリックスが4点獲得。まさに私の言ったとおりの状況で、最後まで予断を許さない試合運びのまま、オリックスの勝ちで試合が終了。
 なんというか、これって予言ですか。

 この間も、神奈川から友人の大男が彼女つれて大阪に来てるっていうんで、共通の友人であるエロ社長も呼び出しちゃえとなったわけですが、私が電話したときにエロ社長はスロットで大勝していたそうなんですね。アクエリオンなんか口ずさんじゃったりするくらい調子よかったらしいんですが、私が「いまから来い」と電話したとたんに、ピタっと止まってしまったそうです。

「目に見えるもんならまだ太刀打ちできるけど、負のオーラとか電波とか、目に見えんもんには勝てんわ・・・」

とは、エロ社長の談。「いますぐ来い」という電波を感じたとか感じなかったとか。
 なんといいますか、この能力を何かに生かせないもんですかねぇ?(笑)

2008年05月14日

レイトン教授と私の驚愕

 皆様お久しぶりです、こんにちは。
 ここしばらくレイトン教授と悪魔の箱をやってるんですが、やっぱりあれ面白いわ。
 で、私が何度も詰まるのがスライドパズルとナイトの旅とバニッシュ。特にバニッシュが難しくって、お風呂でプレイしてたらのぼせそうになりました。一番難易度の低いのが↓のやつなんですが、これはまったく悩まずに解けました。

 他にもプレイしてみたい方はゲームプレイメモ:レイトン悪魔 バニッシュスクリプト配布へGO!GO!!
 一番最後の問題とけたときには、感動しましたよ。まさに芸術!

 それはおいといて、ちょっと驚愕した出来事があったんですよ。
 ワタクシ、経理の仕事をしておりまして、出張に行かれる方に仮払いをしたりとかするんですが、大抵は5万円以上の金額なんですよね。まぁ、社会人にもなって5万までのお金も自由にできないとか、あんまりないですからね。
 ところがですね、昨日5千円の仮払いを頼まれた挙句に、口座に振込んでからかかってきた電話で
「5千円入ってたのはいいんですけど、ちょうどしかないんで手数料かかって5千円にならないです」
と言われたのですよ。
 そんなもん、なんで会社が引出し手数料まで面倒みなあかんねんと。手数料かかるからお金引き出せないとか、ほんとわけがわかりません。
 前々からお金がないといい続けている人なんですが、たかだか5千円ももたせてもらえず、手数料がかかるから引き出しもできないなんて、奥さんはいったい何をしているのかと、私は言いたい。
 まぁ、好きで選んだ相手ですから、本人が納得していればそれでもいいんでしょうけど、ちょっとありえない話ですよねぇ。ほんとに、よく離婚せずにいるもんだと関心してしまいますよ。
 とりあえず、5千円ぽっちで仮払いとか、私の仕事が増えるだけなのでできればやめていただきたいんですが、きっと今後も数千円で仮払いって言われるんだろなぁ・・・

2008年05月03日

サイハテ

※音出ます再生注意


 そんなわけで、インスピレーションを刺激されたので、数年ぶりに創作です。
 参考までに、初音ミク大神(音出ます注意)のリンクは準備しておきましょう。
 さらにイメージを高めるためにサイハテ-ピアノアレンジver.-も聞いてみるといいかもしれませぬ。

その他、イメージ助勢。


 興味があって、準備できたらクリックしてレッツゴー↓

サイハテの続きを読む

2008年05月01日

日本の少子化について思うところ

 最近、日本の少子化について思うところがありますので、そのお話を少しばかり。
 まず最初に、私自身はいずれ子供が欲しいと思っています。が、今の日本の状況を見ていて、これから生まれてくる子供はかわいそうだなと思うことが増えてきました。

 最初の問題は少子高齢化ですね。子供は年々減っているのに、高齢者の寿命は延びていますから、成人1人あたりの負担がどんどん大きくなっている。とりあえず後期高齢者医療制度とかってはじまったみたいですけど、これだって、1人あたりの負担を減らすことができるかどうかと言えば、はっきりいって疑問です。もっと根本から改革して、年金の受給年齢制限を設けるとか、思い切ったことしないとどうにもならないでしょうね。
 今の年金制度が悪いとはいいませんが、きちんと運用しきれていない政府に対する不信感は多いにあります。

 次に、教育現場に対する不安。モンスターペアレンツとか学級崩壊とか、私が学生だったころにはありえない状況が広がっていますが、学力の低下も無視できないですね。なんというか、学校でルールを守ることを覚えずにそのまま卒業しちゃってる子が増えてるんでしょうかね?
 いわゆる「ゆとり世代」と呼ばれる子たち全てがダメってわけではないと思いますが、ダメな子が多いっていうのはよく耳にします。その子たちが実際に社会を動かす立場にになる20~30年後に、今から生まれる子たちが社会人になるわけですから、どんな社会になっているやら・・・と想像すると、不安は隠せないですね。

 他にも挙げ始めればキリがありませんが、一番の問題は金銭的なもの。
 今、子供を1人大学卒業まで育て上げるのに、だいたい3000万円の費用がかかるといわれています。大学卒業までですから22歳までとして、1年に平均して約140万必要になるわけですよね。2人だったら、それだけで年間300万近くのお金が必要になると。
 最近は低所得化が進んでいますから、場合によっては所得の半分以上が子供の養育にかかるようになったりすることもありえます。
 奨学金制度使えばいいじゃないって話もあるかもしれませんが、それだって結局は借金でしかんく、子供自身が返していかなきゃいけないわけですから、結局のところ何の解決にもなってないどころか、結果として子供に負担を背負わせているだけに思えます。

日本の少子化について思うところの続きを読む